セミナー・研究会

一般相対論の数値計算手法

講演者
真貝 寿明 氏 (大阪工業大学)
講演日
2011年12月10日
講演内容
1.相対論の概略と研究テーマ
2.時間発展を考えるための時空の分解 
   ADM形式,dual null形式,Ashtekar形式,...
3.数値相対論の標準的手法
   どのように初期値を準備するか
   どのようにゲージを設定するか
   どのように時間発展をするか
4.数値計算のための定式化問題
   なぜADM形式は使われないのか
   Ashtekar形式を用いた数値計算
5.最近の研究トピックから
高次元時空の特異点形成
開始時間及び場所
2011/12/09(金) 15:00‐18:00,31号館603教室
2011/12/10(土) 13:00‐18:00,31号館602教室

関連リンク http://qube.phys.kindai.ac.jp/matsui/seminar-list.pdf

ページの先頭へ