セミナー・研究会

Duality covariant approach to string and M-theory

講演者
酒谷 雄峰 氏(京都府立医大)
講演日
2017年03月22日
講演内容
トーラスでコンパクト化された超弦理論/M理論はU-dualityと呼ばれる対称性を持つことが知られている。しかし、この対称性は従来の超弦理論およびその低エネルギー有効理論である超重力理論の定式化では明白でない。近年、これを明白にする超重力理論の新たな定式化として、Double Field TheoryおよびExceptional Field Theoryが提案され、活発に研究されている。本講演では、これらのアプローチで導入される拡張された時空の幾何学について説明するとともに、それを応用したブレーンの新たな世界体積理論について紹介する。
開始時間及び場所
3月22日13:30--, 2コマ
場所:31号館5階 501教室
連絡問い合わせ 太田信義 tel.ext. 4071

ページの先頭へ