セミナー・研究会

「波面整合法による光導波路回路設計論」

講演者
橋本 俊和(NTTフォトニクス研究所 複合光デバイス研究部)
講演日
2008年11月07日
講演内容
光導波路回路は微細加工技術により、その回路形状を比較的任意に設定で
きる。
回路形状の自由度を十分に活かすには、従来のできるだけ少ないパラメータで
(例えば、線路をつなぐことで)回路を設計する手法とは異なる手法が必要と
なる。このセミナーでは、波面整合法という、設計手法を紹介する。
この手法は、数値計算上で、光と屈折率の分布をいわば相互作用させ、
自己組織化させる手法であり、複素ニューラルネットワーク等とも深く
関連していると考えられる。セミナーでは、より一般に光回路の設計論として、
複素ニューラルネットワーク等との関連性についても議論したい。
開始時間及び場所
2008/11/07(金) 15:00‐16:30 17号館105教室

関連リンク http://qube.phys.kindai.ac.jp/matsui/seminar-list.html

ページの先頭へ