セミナー・研究会

次世代量子情報技術 量子アニーリングの現状と展望

講演者
早稲田大学高等研究所 田中 宗氏
講演日
2016年09月29日
講演内容
「組み合わせ最適化問題」と呼ばれる「膨大な選択肢からベストな選択肢を探索する」問題がある。例えば、宅配業者の最適配送ルートを求めるような問題である。近年、「量子アニーリング」という新しい量子情報処理技術に基づいた「組み合わせ最適化問題を解く」専用の量子コンピュータ(D-Wave)が開発され、量子アニーリングという計算技術が注目されている。 本講演では、初歩から量子アニーリングの原理を説明し、現在の研究開発状況、量子アニーリングが拓く未来について私見を交えながら紹介する。また、最新の研究成果についても触れる。
問い合わせ先:理工学部理学科 近藤
開始時間及び場所
日時:9月29日 13時10分〜14時40分+α
場所:31号館601教室

ページの先頭へ