素粒子から宇宙まで、
未知なる原理を追求する。

物理学は、様々な自然現象を対象としている学問です。はるか昔から、人々は地上や宇宙で起こった現象に興味を持ち、そのメカニズムや法則を発見してきました。現代でも未知の自然現象はたくさんあり、研究者はそれらの現象を解き明かそうと日夜研究に没頭しています。物理学コースでは、物体の構造や性質を研究する物性分野、物質の根源を探究する素粒子分野、また広大な宇宙の謎に挑戦する宇宙分野など様々な研究が行われています。

スタッフ表 井上 開輝 石橋 明浩 太田 信義 千川 道幸 中原 幹夫 日下部 俊男 加藤 幸弘 松居 哲生 堂寺 知成 近藤 康 笠松 健一 増井 孝彦 矢野 陽子

研究分野(図をクリックすると解説がみられます。活動報告はこちら

素粒子論・重力理論:太田 信義 [教授]
素粒子の統一理論と量子重力理論、超弦理論の研究。

現在の理論物理学における最大の問題、量子論と重力理論を融合させた量子重力理論を含む素粒子の相互作用の統一理論、その最も有力な候補である超弦理論の 研究を行っています。具体的には、超弦理論の背後にある基本的原理、統一的M理論の定式化、対称性の破れの機構、超弦とブレインを用いた通常の時空及び非 可換時空の場の理論の非摂動的性質の解明、さらに重力の量子効果が最も顕著に表れる極限的な状況として、初期宇宙やブラックホールへの応用とそれによる超 弦理論の検証を視野に入れた研究を行っています。

▲ダイアグラムへ戻る
原子分子物理学:日下部 俊男 [教授]
宇宙や核融合のプラズマにおけるイオン衝突過程を研究室で解明。

プラズマのなかには、電子やイオンの荷電粒子のみならず中性の原子や分子も混在しており、これらが衝突しあい様々な反応をしながらプラズマの状態が決まっています。私たちの研究室では、宇宙や核融合のプラズマの性質を理解する上で重要なミクロな諸衝突過程のうち、低速イオン線と原子や分子との衝突における電荷移行反応の研究を、主に実験的手法を用いて行っています。図は、水素イオンをH2、D2、HDの各分子と衝突させて測定した電子移動の断面積を、H2に対する比で表しています。赤丸のD2は低エネルギーでH2より断面積が小さくなり反応が起こりにくくなっているのに対し、HDはH2と変わりません。これは電荷移行後生成する各分子イオンの振動エネルギーのわずかな違いが影響しているという、標的分子の同位体効果が明らかになりました。

▲ダイアグラムへ戻る
量子制御:近藤 康 [教授]
未来のコンピュータ、量子コンピュータの研究

回転下の超流動ヘリウム、超低温での磁性、シリコン表面の研究をSQUID、NMR、STM等の様々な実験手法を駆使して研究してきました。超流動は量子力学的な効果が巨視的(人間が実感できる大きさ)な系に現れる非常におもしろい現象です。STMを使えば原子を直接「見る」ことが可能です。現在は高分解能NMR装置を使って将来のコンピュータとして期待されている量子コンピュータの研究を行っています。単なる理論にとどまらず小規模ですが実際に動作する量子コンピュータを用いて量子アルゴリズムを実装しています。また、量子コンピュータ研究のためのNMR装置の開発も行なっています。

▲ダイアグラムへ戻る
素粒子・宇宙物理学:千川 道幸 [教授]
極限宇宙を高エネルギー現象により探究

研究分野は宇宙から到来する素粒子の観測による宇宙の探究です。二つの国際共同研究に参加しています。一つはテレスコープアレイ(TA)実験で、10の20乗eVを超えるsuperGZK事象といわれる最高エネルギー宇宙線(UHECR)を米国Utah州で実験探索中です。もう一つはチェレンコフアレイ(CTA)計画で、天体起源の高エネルギー(UHE)ガンマ線の観測により宇宙を探究しようとするものです。この計画の観測装置は現在スペイン領ラ・パルマに建設が進んでおり、大型望遠鏡(LST)の開発に携わっています。さらに南半球にも建設予定で,全天観測が行われます。

▲ダイアグラムへ戻る
ソフトマター物理学:堂寺知成 [教授]
ソフトマターのタイリングとパータン形成

ソフトマター物理学は、20世紀末に成立した新しい物理学の1分野です。ソフトマターとよばれる物質群には、高分子、コロイド、液晶、界面活性剤、生体物質などがありますが、本研究室ではソフトマターの自己組織化現象に注目しています。自己組織化は生命現象の重要な性質であり、同時に分子をデザインしてさまざまな機能性材料を構築する手段と考えられています。 本研究室では計算物理学的手法を多用しながら実験家と共同しつつソフトマターの自己組織化の研究に新領域を創出することを目標として研究を行っています。これまでアルキメデス相、準結晶相、メゾスコピックダイヤモンド相、共連続相など、常識を打ち破る、しかも数学的にもエレガントな構造を次々発見し、研究を進めています。ソフトマター物理学だけでなく、固体物理学、光学、ナノテクノロジー、結晶学、数学、化学との境界領域を横断的に研究することも本研究室の特徴です。

▲ダイアグラムへ戻る
理論物理学:中原 幹夫 [教授]
ミクロの世界の計算機、量子コンピュータを究める。

私たちの研究室では、主に量子情報, 量子コンピュータの研究をしています。この世の中のミクロな世界を記述するのは量子力学です。量子力学はミクロな世界には古典力学とはまったく異なる世界が広がっていることを教えてくれます。そこには「重ねあわせ状態」や「もつれた状態」など、古典的にはありえない状態が存在します。量子情報, 量子コンピュータはこれらの状態を利用して、絶対に盗聴できない暗号システムやディジタルコンピュータをはるかに凌駕する高速コンピュータを実現することができます。私たちの研究室では物理学, 数学, 化学, 情報学の知識を総動員して、この夢の計算機の実現にむけて日夜研究に励んでいます。国際共同研究も活発に行なっており、多くの成果を挙げてきました。また、量子情報, 量子コンピュータ以外にも絶対零度で起こる超流動における渦の研究や物理学を用いた数学の研究も行なっています。

▲ダイアグラムへ戻る
凝縮系物理学:松居 哲生 [教授]
物質・脳・宇宙:個々の要素とはかけ離れた集団の性質の面白さ。

原子の集まりである金属は、低温で磁石になったり、電気抵抗ゼロの超伝導体になったりします。脳神経の集まりである脳は、ネットワークを組んで認識(意識)・記憶・学習、等の機能を持ちます。また、我々の宇宙は時空の最小構成単位である「かけら」の集まりとみなせますが、つなぎ方しだいで全体として曲がったりひずんだりします。このように個々の要素からは思いもかけない、集団が示す性質を研究しています。一見かけ離れた3つの例ですが、モデルは驚くほど似ています。主にコンピュータシミュレーションでモデルの性質を調べていきます。

▲ダイアグラムへ戻る
一般相対論・宇宙論:石橋 明浩 [准教授]
一般相対論と宇宙

宇宙の起源とその進化といった宇宙全体のダイナミクスや、ブラックホールと特異点など、時空の大域的構造に関する問題を、主に一般相対性理論をもちいて解き明かす研究をしています。特に重力を含む自然界の全ての力を統一的に理解する試みである超弦理論は、宇宙がミクロには4次元よりもずっと多くの拡がりを持つ高次元時空として構成される可能性を示唆しています。本研究室では、この様な究極理論の構築を視野にいれ、高次元に特有な物理現象を重力理論・宇宙論の観点から探る目的で、高次元ブラックホールの基本性質や高次元理論に基づく宇宙モデルの研究を行っています。

▲ダイアグラムへ戻る
宇宙論:井上 開輝 [准教授]
未知の物質「ダークマター」の謎に挑む。

宇宙における大部分の物質は光を発しない未知の物質「ダークマター」であると考えられています。その存在が指摘されて以来、すでに70年以上が過ぎようとしていますが、依然としてその正体は謎のベールに包まれています。では、どうやって光でみることのできない「ダークマター」を「みる」ことが出来るのでしょうか?

有力な方法の1つが、光が物質の重力によってその軌道が曲げられるため、物質の集まった場所を通る光が明るくなったり暗くなったりする重力レンズ現象です。また重力によって時空が歪み、時間の進み方が早くなったり遅くなったりすることで光の波長が変化する現象「重力的赤方偏移」も有力な方法です。井上研究室では、これらの「光におよぼす重力の効果」を用いてダークマターの分布や構造を解明することに力を注いでいます。

▲ダイアグラムへ戻る
物性理論:笠松 健一 [准教授]
極低温の原子気体が示す量子多体現象の解明と制御

ナノケルビンという非常に低い温度領域まで冷やされた原子の気体はボースアインシュタイン凝縮という相転移を起こします。このボースアインシュタイン凝縮体における量子多体効果(特に超流動現象)を中心に量子凝縮系の物性に関する理論的研究を行っています。この系の特徴として、(1) ミクロな量子現象をマクロなスケールに出現させる (2) スーパークリーンな理想系である (3) 系のほとんどすべてのパラメータを自由自在に変調できる (4)量子光学の技術により、巧妙な量子凝縮状態の制御が可能である、などの優れた性質を持っている魅力的な人工物質です。これらの利点を利用して、種々の思考実験の実現や量子多体系の物理を基本的な立場から検証することが可能となり、また量子計算機実現などの応用面でも注目されています。

▲ダイアグラムへ戻る
素粒子実験:加藤 幸弘 [教授]
高エネルギー粒子加速器で、宇宙の創生に迫る!

宇宙はビッグバンとよばれる高温高密度状態から誕生し、時間の経過とともに空間が膨張していると考えられています。宇宙が誕生したときはどうであったかを地上で研究するには、どうすればよいのでしょうか? 陽子と反陽子、電子と陽電子を粒子加速器で高いエネルギー状態にして各々を衝突させると、一瞬の間宇宙誕生時に近い状態にすることができます。この状態から生成される様々な粒子や反応を調べれば、宇宙が誕生した様子を予測することができるのです。このような研究ができる、電子・陽電子衝突型加速器(ILC)の実現に向けて、測定器の開発を世界中の研究者と協力して行っています。

▲ダイアグラムへ戻る
固体電子物理:増井 孝彦 [准教授]
超伝導体や磁性体の実験的研究

超伝導体や磁性体など、興味深い性質をもつ物質を対象とし、なぜその性質が発現するかを実験によって解明していきます。特に銅酸化物高温超伝導体の電子相図の理解と、高温超伝導と電子格子相互作用の関係を明らかにすることを目指し、輸送特性や光学特性の測定、同位体置換などの手法を用いて研究を進めます。物性は構成元素、結晶構造はもちろんですが、磁場や圧力などの外部パラメーターによっても変化するので、試料合成、測定の各段階でさまざまなアプローチ法があります。

▲ダイアグラムへ戻る
生物物理学:矢野 陽子 [准教授]
生命現象を原子レベルで理解する

生命活動を担うタンパク質はアミノ酸が1次元のひも状に連なった分子です。例えばアミノ酸が100個連なると、3の198乗通りの立体配置が考えられますが、生体内のタンパク質は一瞬にして固有の立体構造をとり、その機能を発揮しています。現在のところは、アミノ酸の配列から立体構造を予測することは困難ですが、アミノ酸には極性を持つもの(水に溶けやすい)と持たないもの(水に溶けにくい)があり、水の中では大抵、非極性の部分を内側に折り畳んだ構造をとっています。ところが、空気に触れると、非極性の部分を外側に出すように変性します。我々は、スプリング8の世界最高輝度のX線を使い、このような変性過程で起こる構造変化を原子レベルで観測することによって、タンパク質の立体構造形成のメカニズムに迫ろうとしています。また、タンパク質の動きを捉えるための実験手法自身の開拓も行っています。

▲ダイアグラムへ戻る

競争的外部資金獲得状況

2016年度文部科学省科学研究費・採択研究課題

研究代表者 研究課題 分野 種目
太田 信義 漸近的安定性による量子重力理論の研究と検証 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 基盤研究(C)
堂寺 知成 ソフトマター準結晶と複雑結晶のデザイン-ソフトマター結晶学の創成 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理 基盤研究(B)
中原 幹夫 リー代数を用いた非断熱量子制御の研究 原子・分子・量子エレクトロニクス 基盤研究(C)
松居 哲生 U(1)格子ゲージ・ヒッグスモデルの相構造と磁力線・磁気単極子の力学 数理物理・物性基礎 基盤研究(C)
石橋 明浩 高次元ブラックホールの安定性 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 基盤研究(C)
笠松 健一 ゲージ場が創成する冷却原子気体の量子ダイナミクスの解明 物性II 基盤研究(C)
研究分担者 研究課題 分野 種目
石橋 明浩 非線形物理現象へのAdS/CFT双対性の応用(研究代表者:前田健吾) 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 基盤研究(C)
堂寺 知成 結晶の対称性と極小曲面に関する研究 幾何学 基盤研究(C)

2016年度その他の外部資金

平成28年度 自然科学研究機構・核融合科学研究所・一般共同研究
研究代表者 研究課題
日下部 俊男 低速リチウムイオンの電荷移行断面積に関する研究
研究分担者 研究課題
日下部 俊男 タングステンおよび周辺高Z元素の原子分子データベースのアップデート(研究代表者:北島昌史)
自然科学研究機構・国立天文台チリ観測所・PIサポート
研究代表者 研究課題
井上 開輝 4重像重力レンズQSOを用いた暗黒矮小銀河の探求
受託研究(株式会社 サムウエイ)
研究代表者 研究課題
近藤 康 学生実験用NSMR測定器の開発

2015年度文部科学省科学研究費・採択研究課題

研究代表者 研究課題 分野 種目
太田 信義 高階微分を含む一般化重力理論と超弦理論の検証 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 基盤研究(C)
近藤 康 オープン・ループ制御による高忠実度量子ゲートの設計と実装 原子・分子・量子エレクトロニクス 基盤研究(C)
千川 道幸 CTA大口径望遠鏡アクティブ・ミラー制御(AMC)システムの開発 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 基盤研究(B)
堂寺 知成 ソフトマター3重周期極小曲面の構造と物性の理論的研究 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理 基盤研究(C)
中原 幹夫 リー代数を用いた非断熱量子制御の研究 原子・分子・量子エレクトロニクス 基盤研究(C)
松居 哲生 U(1)格子ゲージ・ヒッグスモデルの相構造と磁力線・磁気単極子の力学 数理物理・物性基礎 基盤研究(C)
石橋 明浩 高次元ブラックホールの安定性 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 基盤研究(C)
井上 開輝 重力レンズ現象から探る始原ミニハローの起源 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 基盤研究(B)
笠松 健一 ゲージ場が創成する冷却原子気体の量子ダイナミクスの解明 物性II 基盤研究(C)
研究分担者 研究課題 分野 種目
石橋 明浩 非線形物理現象へのAdS/CFT双対性の応用(研究代表者:前田健吾) 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 基盤研究(C)
堂寺 知成 結晶の対称性と極小曲面に関する研究 幾何学 基盤研究(C)
中原 幹夫 計算の哲学―様々な展開に向けて― 哲学・倫理学 基盤研究(B)
中原 幹夫 オープン・ループ制御による高忠実度量子ゲートの設計と実装 原子・分子・量子エレクトロニクス 基盤研究(B)

2015年度その他の外部資金

自然科学研究機構・核融合科学研究所・一般共同研究
研究代表者 研究課題
日下部 俊男 低速リチウムイオンの電荷移行断面積に関する研究
研究分担者 研究課題
日下部 俊男 タングステンおよび周辺高Z元素の原子分子データベースのアップデート(研究代表者:北島昌史)

2014年度文部科学省科学研究費・採択研究課題

研究代表者 研究課題 分野 種目
太田 信義 高階微分を含む一般化重力理論と超弦理論の検証 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 基盤研究(C)
近藤 康 オープン・ループ制御による高忠実度量子ゲートの設計と実装 原子・分子・量子エレクトロニクス 基盤研究(C)
千川 道幸 CTA大口径望遠鏡アクティブ・ミラー制御(AMC)システムの開発 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 基盤研究(B)
堂寺 知成 ソフトマター3重周期極小曲面の構造と物性の理論的研究 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理 基盤研究(C)
中原 幹夫 リー代数を用いた非断熱量子制御の研究 原子・分子・量子エレクトロニクス 基盤研究(C)
松居 哲生 U(1)格子ゲージ・ヒッグスモデルの相構造と磁力線・磁気単極子の力学 数理物理・物性基礎 基盤研究(C)
石橋 明浩 超弦理論における高次元ブラックホールの時空構造 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 基盤研究(C)
井上 開輝 重力レンズ現象から探る始原ミニハローの起源 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 基盤研究(B)
笠松 健一 ゲージ場が創成する冷却原子気体の量子ダイナミクスの解明 物性II 基盤研究(C)
矢野 陽子 界面に吸着したタンパク質のリアルタイム構造可視化システムの開発 生物物理・化学物理 基盤研究(C)
研究分担者 研究課題 分野 種目
石橋 明浩 非線形物理現象へのAdS/CFT双対性の応用(研究代表者:前田健吾) 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 基盤研究(C)

2014年度その他の外部資金

自然科学研究機構・核融合科学研究所・一般共同研究
研究代表者 研究課題
日下部 俊男 イオン衝突実験のための多価リチウムイオン源の開発
研究分担者 研究課題
日下部 俊男 第2周期軽元素の原子分子データベースの作成およびアップデート(研究代表者:北島昌史)

2013年度文部科学省科学研究費・採択研究課題

研究代表者 研究課題 分野 種目
太田 信義 高階微分を含む一般化重力理論と超弦理論の検証 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 基盤研究(C)
近藤 康 オープン・ループ制御による高忠実度量子ゲートの設計と実装 原子・分子・量子エレクトロニクス 基盤研究(C)
千川 道幸 CTA大口径望遠鏡アクティブ・ミラー制御(AMC)システムの開発 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 基盤研究(B)
中原 幹夫 中性原子量子コンピュータにおける選択的量子ゲートの実装 原子・分子・量子エレクトロニクス 基盤研究(C)
堂寺 知成 ソフトマター3重周期極小曲面の構造と物性の理論的研究 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理 基盤研究(C)
石橋 明浩 超弦理論における高次元ブラックホールの時空構造 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 基盤研究(C)
井上 開輝 重力レンズ現象で探る始原ミニハローの起源 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 基盤研究(B)
矢野 陽子 界面に吸着したタンパク質のリアルタイム構造可視化システムの開発 生物物理・化学物理 基盤研究(C)
研究分担者 研究課題 分野 種目
太田 信義 アクシオン型モジュライの引き起こす多様な宇宙現象をもちいた余剰次元探査(研究代表者:小玉英雄) 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 基盤研究(A)
近藤 康 中性原子量子コンピュータにおける選択的量子ゲートの実装(代表:中原幹夫) 原子・分子・量子エレクトロニクス 基盤研究(C)
増井 孝彦 銅酸化物高温超伝導体の擬ギャップと超伝導ギャップ(研究代表者:田島節子) 物性II 基盤研究(B)

2013年度その他の外部資金

JST産学イノベーション加速事業
研究分担者 研究課題 分野
矢野 陽子 波長角度同時分散型時分割X線反射率計の開発 (研究代表者:松下正) 先端計測分析技術・機器開発
自然科学研究機構核融合科学研究所・一般共同研究
研究代表者 研究課題
日下部 俊男 イオン衝突実験のための多価リチウムイオン源の開発
研究分担者 研究課題
日下部 俊男 第2周期軽元素の原子分子データベースの作成およびアップデート(研究代表者:北島昌史)

2012年度文部科学省科学研究費・採択研究課題

研究代表者 研究課題 分野 種目
太田 信義 高階微分を含む一般化重力理論と超弦理論の検証 素粒子 基盤研究(C)
中原 幹夫 中性原子量子コンピュータにおける選択的量子ゲートの実装 数物系科学分野 基盤研究(C)
堂寺 知成 ソフト準結晶-準結晶の普遍性と新物性の理論的研究 物性II 基盤研究(C)
石橋 明浩 超弦理論における高次元ブラックホールの時空構造 数物系科学 基盤研究(C)
笠松 健一 フラストレーションを持つ光格子中のボース原子気体の新奇量子相の解明 物性II 若手研究(B)
矢野 陽子 界面に吸着したタンパク質のリアルタイム構造可視化システムの開発 生物物理・化学物理 基盤研究(C)
研究分担者 研究課題 分野 種目
太田 信義 アクシオン型モジュライの引き起こす多様な宇宙現象をもちいた余剰次元探査(研究代表者:小玉 英雄) 素粒子・宇宙 基盤研究(A)
中原 幹夫 計算の哲学-様々な展開に向けて-(研究代表者:三好 博之) 哲学・倫理学分野 基盤研究(B)

2011年度文部科学省科学研究費・採択研究課題

研究代表者 研究課題 分野 種目
太田 信義 超弦理論による高次元ブラックホールと特異点の研究 素粒子 基盤研究(C)
太田 信義 ホログラフィー原理と超重力および高階微分重力理論の厳密解についての研究 素粒子 特別研究員奨励費
中原 幹夫 中性原子量子コンピュータにおける選択的量子ゲートの実装 数物系科学分野 基盤研究(C)
中原 幹夫 量子コンピュータの実現を目指した学際的基礎研究 - オープンリサーチセンター
千川 道幸 A R&D for a new atmospheric monitoring system - 東京大学宇宙線研究所共同利用研究費
堂寺 知成 ソフト準結晶-準結晶の普遍性と新物性の理論的研究 物性II 基盤研究(C)
石橋 明浩 超弦理論における高次元ブラックホールの時空構造 数物系科学 基盤研究(C)
井上 開輝 宇宙の非一様性による重力理論の検証 宇宙物理 若手研究(B)
笠松 健一 フラストレーションを持つ光格子中のボース原子気体の新奇量子相の解明 物性II 若手研究(B)
矢野 陽子 X線鏡面/非鏡面反射同時計測による界面と相互作用する生体分子の面外面内構造解析 高次系分子科学 特定領域研究
研究分担者 研究課題 分野 種目
太田 信義 アクシオン型モジュライの引き起こす多様な宇宙現象をもちいた余剰次元探査(研究代表者:小玉 英雄) 素粒子・宇宙 基盤研究(A)
笠松 健一 量子流体力学の展開(研究代表者:坪田 誠) 物性II 基盤研究(B)

2010年度文部科学省科学研究費・採択研究課題

研究代表者 研究課題 分野 種目
太田 信義 超弦理論による高次元ブラックホールと特異点の研究 素粒子・原子核・宇宙線(理論) 基盤研究(C)
太田 信義 ホログラフィー原理と超重力および高階微分重力理論の厳密解についての研究 素粒子・原子核・宇宙線(理論) 特別研究員奨励費
堂寺 知成 ソフト準結晶-準結晶の普遍性と新物性の理論的研究 物性II 基盤研究(C)
石橋 明浩 超弦理論における高次元ブラックホールの時空構造 数物系科学 基盤研究(C)
井上 開輝 宇宙の非一様性による重力理論の検証 素粒子・核・宇宙線 若手研究(B)
笠松 健一 フラストレーションを持つ光格子中のボース原子気体の新奇量子相の解明 物性II 若手研究(B)
矢野 陽子 X線鏡面/非鏡面反射同時計測による界面と相互作用する生体分子の面外面内構造解析 高次系分子科学 特定領域研究
矢野 陽子 超音波霧化によって発生したナノ液滴の粒径制御 機能物質化学 基盤研究(C)
研究分担者 研究課題 分野 種目
太田 信義 アクシオン型モジュライの引き起こす多様な宇宙現象をもちいた余剰次元探査(研究代表者:小玉 英雄) 素粒子・原子核・宇宙線(理論) 基盤研究(A)
井上 開輝 超高解像度電波観測に基づく宇宙暗黒物質の解明(研究代表者:千葉 柾司) 天文学 基盤研究(B)
笠松 健一 量子流体力学の展開(研究代表者:坪田 誠) 物性II 基盤研究(B)

2009年度文部科学省科学研究費・採択研究課題

研究代表者 研究課題 分野 種目
太田 信義 超弦理論による高次元ブラックホールと特異点の研究 素粒子・核・宇宙線 基盤研究(C)
中原 幹夫 量子コンピュータの実現を目指した学際的基礎研究 - オープン・リサーチ・センター整備事業
中原 幹夫 スケーラブル量子コンピューティングを目指した量子ビット間相互作用の研究 原子・分子・量子エレクトロニクス 基盤研究(C)
中原 幹夫 分子スピン量子計算におけるエンタングルメント生成とデコヒーレンス抑制 数理系科学 特別研究員奨励費
堂寺 知成 高分子準結晶の発見-新準結晶の構造と物性の理論的研究 物性II 基盤研究(C)
堂寺 知成 多元高分子配列ナノ空間物質の構造設計と物性理論 ユビキタス元素戦略 特定領域研究
井上 開輝 宇宙の非一様性による重力理論の検証 素粒子・核・宇宙線 若手研究(B)
笠松 健一 フラストレーションを持つ光格子中のボース原子気体の新奇量子相の解明 物性II 若手研究(B)
研究分担者 研究課題 分野 種目
太田 信義 高次元時空における重力理論と宇宙論(研究代表者:前田恵一) 素粒子・核・宇宙線 日英二国間交流事業共同研究/セミナー
井上 開輝 超高解像度電波観測に基づく宇宙暗黒物質の解明(研究代表者:千葉柾司) 天文学 基盤研究(B)
笠松 健一 量子流体力学の展開(研究代表者:坪田 誠) 物性II 基盤研究(B)

2008年度文部科学省科学研究費・採択研究課題

研究代表者 研究課題 分野 種目
太田 信義 超弦理論による高次元ブラックホールと特異点の研究 素粒子・核・宇宙線 基盤研究(C)
太田 信義 超弦理論による宇宙模型の構築とブラックホール 素粒子・核・宇宙線 特別研究員奨励費
中原 幹夫 スケーラブル量子コンピューティングを目指した量子ビット間相互作用の研究 原子・分子・量子エレクトロニクス 基盤研究(C)
中原 幹夫 分子スピン量子計算におけるエンタングルメント生成とデコヒーレンス抑制 数物系科学 特別研究員奨励費
堂寺 知成 高分子準結晶の発見-新準結晶の構造と物性の理論的研究 物性II 基盤研究(C)
堂寺 知成 多元高分子配列ナノ空間物質の構造設計と物性理論 ユビキタス元素戦略 特定領域研究
井上 開輝 宇宙の非一様性による重力理論の検証 素粒子・核・宇宙線 若手研究(B)
笠松 健一 多成分ボースアインシュタイン凝縮体におけるソリトンと位相欠陥の物理 物性II 若手研究(B)
研究分担者 研究課題 分野 種目
太田 信義 高次元時空における重力理論と宇宙論(研究代表者:前田恵一) 素粒子・核・宇宙線 日英二国間交流事業共同研究/セミナー
井上 開輝 超高解像度電波観測に基づく宇宙暗黒物質の解明(研究代表者:千葉 柾司) 天文学 基盤研究(B)
笠松 健一 量子流体力学の構築(研究代表者: 坪田 誠) 物性II 基盤研究(B)

2007年度文部科学省科学研究費・採択研究課題

研究代表者 研究課題 分野 種目
太田 信義 超弦理論の時間に依存した解と宇宙論への応用に関する研究 素粒子・核・宇宙線 基盤研究(C)
太田 信義 超弦理論による宇宙模型の構築とブラックホール 素粒子・核・宇宙線 特別研究員奨励費
中原 幹夫 スケーラブル量子コンピューティングを目指した量子ビット間相互作用の研究 数物系科学 基盤研究(C)
中原 幹夫 分子スピン量子計算におけるエンタングルメント生成とデコヒーレンス抑制 数物系科学 特別研究員奨励費
千川 道幸 TA実験における観測宇宙線のエネルギー較正のための大気透明度精密測定 素粒子・核・宇宙線 基盤研究(B)
堂寺 知成 高分子準結晶の発見-新準結晶の構造と物性の理論的研究 物性II 基盤研究(C)
井上 開輝 宇宙背景輻射で探る宇宙の局所的および大域的非一様性 素粒子・核・宇宙線 若手研究(B)

著作リスト

太田 信義

素粒子物理学ハンドブック(分担執筆)[2010/10]

基礎物理学 [2011/5]

太田 信義

(180ページ) 丸善出版株式会社

ISBN: 978-4-621-08403-8

素粒子物理学ハンドブック(分担執筆)[2010/10]

素粒子物理学ハンドブック(分担執筆) [2010/10]

太田 信義

(688ページ) 朝倉書店

ISBN: 978-4-254-13100-0 C3042

「超対称性理論」~ 現代素粒子論の基礎として ~

「超対称性理論」~ 現代素粒子論の基礎として ~ [2006/11]

太田 信義, 坂井 典佑

(176ページ) サイエンス社

ISBN: 4910054701166

物理学大事典(分担執筆) [2005/10]

物理学大事典(分担執筆) [2005/10]

太田 信義

(896ページ) 朝倉書店

ISBN: 978-4-254-13094-2 C3542

超弦理論・ブレイン・M理論 [2002/5]

超弦理論・ブレイン・M理論 [2002/5]

太田 信義

(326ページ) シュプリンガーフェアラーク東京

ISBN: 4-431-70970-3

素粒子と原子核を見る(分担執筆)[2001/6]

素粒子と原子核を見る(分担執筆) [2001/6]

太田 信義

(88ページ) 大阪大学出版会

ISBN: 4-87259-110-0

超弦理論とM理論(翻訳)[2000/9]

超弦理論とM理論(翻訳) [2000/9]

太田 信義, (原著者: ミチオ カク)

(551ページ) シュプリンガーフェアラーク東京

ISBN: 4-431-70867-7

一般物理学 上[1992/9]

一般物理学 上、下 [1992/9]

太田 信義

(上: 191+31ページ), (下: 183+31ページ) 丸善株式会社

ISBN: 978-4-621-03748-5, 978-4-621-03751-5

物理学の最先端常識II(分担執筆)[1987/12]

物理学の最先端常識I・II(分担執筆) [1987/12]

太田 信義

(I: 186ページ), (II: 190ページ) 共立出版

ISBN: 4320032446, 4320032438

日下部 俊男

プラズマ原子分子過程ハンドブック(分担執筆) [2011/4]

プラズマ原子分子過程ハンドブック(分担執筆) [2011/4]

浜口 智志,村上 泉,加藤 太治,(社)プラズマ・核融合学会 編

(394ページ) 大阪大学出版会

ISBN: 978-4-87259-362-4

中原 幹夫

量子物理学のための線形代数―ベクトルから量子情報へ

量子物理学のための線形代数―ベクトルから量子情報へ [2016/7]

中原 幹夫

(207 pages) 培風館

ISBN: 456302516X, 978-4563025168

Differentialgeometrie, Topologie und Physik [2015/3]

Differentialgeometrie, Topologie und Physik [2015/3]

Mikio Nakahara, 翻訳 Matthias Delbrueck

(620 pages) Springer Spektrum

ISBN: 3662452995 , 978-3662452998

Lectures on Quantum Computing, Thermodynamics and Statistical Physics [2012/12]

Lectures on Quantum Computing, Thermodynamics and Statistical Physics [2012/12]

Mikio Nakahara and Shu Tanaka

(200 pages) World Scientific Pub Co Inc.

ISBN: 978-981-4425-18-6 , 978-981-4425-19-3

Interface Between Quantum Information and Statistical Physics [2012/12]

Interface Between Quantum Information and Statistical Physics [2012/12]

Mikio Nakahara and Shu Tanaka

(280 pages) World Scientific Pub Co Inc.

ISBN: 978-981-4425-27-8 , 978-981-4425-28-5

Quantum Information and Quantum Computing [2012/12]

Quantum Information and Quantum Computing [2012/12]

Mikio Nakahara and Yoshitaka Sasaki

(196 pages) World Scientific Pub Co Inc.

ISBN: 978-981-4425-21-6 , 978-981-4425-22-3

Diversities in Quantum Computation and Quantum Information [2012/12]

Diversities in Quantum Computation and Quantum Information [2012/12]

Mikio Nakahara and Yidun Wan and Yoshitaka Sasaki

(228 pages) World Scientific Pub Co Inc.

ISBN: 978-981-4425-97-1 , 978-981-4425-98-8

Frontiers in Quantum Information Research [2012/8]

Frontiers in Quantum Information Research [2012/8]

Mikio Nakahara and Shu Tanaka

(360 pages) World Scientific Pub Co Inc.

ISBN: 978-981-4407-18-2 , 978-981-4407-19-9

現代数理科学辞典 第2版 (分担執筆) [2009/12]

現代数理科学辞典 第2版 (分担執筆) [2009/12]

広中 平祐 他編集

(1080ページ) 丸善出版株式会社

ISBN-10: 462108125X , ISBN-13: 978-4621081259

Decoherence Suppression in Quantum Systems 2008 [2009/11]

Decoherence Suppression in Quantum Systems 2008 [2009/11]

Mikio Nakahara and Robabeh Rahimi and Akira SaiToh

(204 pages) World Scientific Pub Co Inc.

ISBN: 978-981-4295-83-3 , 978-981-4295-84-0

Molecular Realizations of Quantum Computing 2007 [2009/6]

Molecular Realizations of Quantum Computing 2007 [2009/6]

Mikio Nakahara and Yukihiro Ota and Robabeh Rahimi and Yasushi Kondo and Masahito Tada-Umezaki

(284 pages) World Scientific Pub Co Inc.

ISBN: 978-981-283-867-4 , 978-981-283-868-1

Mathematical Aspects Of Quantum Computing 2007 [2008/4]

Mathematical Aspects Of Quantum Computing 2007 [2008/4]

Mikio Nakahara and Robabeh Rahimi and Akira SaiToh

(240 pages) World Scientific Pub Co Inc.

ISBN: 978-981-281-447-0 , 978-981-281-448-7

Quantum Computing: From Linear Algebra To Physical Realizations [2008/3]

Quantum Computing: From Linear Algebra To Physical Realizations [2008/3]

Mikio Nakahara and Tetsuo Ohmi

(440 pages) CRC Press, Taylor & Francis

ISBN-10: 0750309830, ISBN-13: 978-0750309837

Physical Realizations of Quantum Computing: Are the DiVincenzo Criteria Fulfilled in 2004?[2006/4]

Physical Realizations of Quantum Computing: Are the DiVincenzo Criteria Fulfilled in 2004? [2006/4]

Mikio Nakahara, Shigeru Kanemitsu, MarttiM. Salomaa, and Shin Takagi

(234 pages) World Scientific Pub Co Inc.

ISBN-10: 981256473X , ISBN-13: 978-9812564733

Zeta Functions, Topology and Quantum Physics

Zeta Functions, Topology and Quantum Physics [2005/6]

Takashi Aoki, Shigeru Kanemitsu, Mikio Nakahara, and Yasuo Ohno

(235 pages) Springer

ISBN-10: 0387249729 , ISBN-13: 9780387249728

Geometry, Topology and Physics (2nd ed) [2003/10]

Geometry, Topology and Physics (2nd ed) [2006/4]

Mikio Nakahara

(596 pages) CRC Press, Taylor & Francis

ISBN-10: 0750306068 , ISBN-13: 978-0750306065

理論物理学のための幾何学とトポロジー II(翻訳) [2001/12]

理論物理学のための幾何学とトポロジー II(翻訳) [2001/12]

中原 幹夫, 佐久 間一浩 訳(Mikio Nakahara 著)

(219ページ) ピアソン・エデュケーション

ISBN: 4-89471-426-4

理論物理学のための幾何学とトポロジー I(翻訳)[2000/4]

理論物理学のための幾何学とトポロジー I(翻訳) [2000/4]

中原 幹夫, 佐久間 一浩 訳(Mikio Nakahara 著)
(315ページ) ピアソン・エデュケーション

ISBN-10: 4894711656 , ISBN-13: 978-4894711655

松居 哲生

量子力学基礎

量子力学基礎 [2014/10]

松居哲生

(260ページ) 共立出版

ISBN: 978-4-320-03591-1

量子力学 着実に学ぶための手引き [2011/2]

量子力学 着実に学ぶための手引き [2011/2]

松居哲生

(238ページ) 講談社

ISBN: 978-4-06-153264-9

堂寺 知成

Proceedings of the International School of Physics 'Enrico Fermi' 193 'Soft Matter Self-Assembly'

Proceedings of the International School of Physics "Enrico Fermi" 193 "Soft Matter Self-Assembly" [2016/7]

P Ziherl, 堂寺知成(分担執筆)

(494ページ) IOS Press

ISBN: 978-1-61499-661-3

高分子ナノテクノロジーハンドブック―最新ポリマーABC技術を中心として(分担執筆)

高分子ナノテクノロジーハンドブック―最新ポリマーABC技術を中心として(分担執筆) [2014/3]

堂寺知成

(1051ページ) エヌティーエス

ISBN: 978-4860434106

現代物理科学の論理と方法('13)

現代物理科学の論理と方法('13)(分担執筆) [2012/3]

米谷民明(分担執筆: 堂寺 知成 6章)

(292ページ) 放送大学教育振興会

ISBN: 978-4-595-14008-2

新・工科系の物理学 4 工学基礎「熱力学・統計力学」 [2009/01]

新・工科系の物理学 4 工学基礎「熱力学・統計力学」 [2009/01]

堂寺 知成

(208ページ) 数理工学社

ISBN: 978-4-901683-63-0

熱と温度('08) [2008/3]

熱と温度('08) [2008/3]

齋藤 一弥, 堂寺 知成

(181ページ) 放送大学教育振興会

ISBN: 9784595308659

複雑システム科学('07)(分担執筆) [2007/3]

複雑システム科学('07)(分担執筆) [2007/3]

生井澤寛(分担執筆: 堂寺 知成 3,4,5章)

(265ページ) 放送大学教育振興会

ISBN: 9784595135057

自然に学ぶ材料プロセッシング

自然に学ぶ材料プロセッシング [2007/3]

高野敦志、堂寺知成(分担執筆)

(370ページ) 三共出版

ISBN: 978-4-782-70534-6

基礎高分子科学

基礎高分子科学[2006/7]

堂寺 知成(分担執筆)
(450ページ) 東京化学同人

ISBN: 978-4-807-90635-2

形の科学百科事典(新装版)

形の科学百科事典(新装版) [2004/8(2013/3)]

堂寺 知成(分担執筆)
(903(916)ページ) 朝倉書店

ISBN: 978-4-254-10170-6(978-4-254-10264-2)

計算科学

計算科学 [2003/3]

杉本大一郎(堂寺知成: 分担執筆8章)
(310ページ) 放送大学教育振興会

ISBN: 4-595-23684-0

エネルギーと熱

エネルギーと熱 [2003/3]

岡部 豊, 堂寺 知成
(195ページ) 放送大学教育振興会

ISBN: 4-595-23684-0

運動と力

運動と力 [2001/3]

阿部 龍蔵, 堂寺 知成
(217ページ) 放送大学教育振興会

ISBN: 4-595-89218-7

エネルギーと熱

エネルギーと熱 [1998/3]

阿部 龍蔵, 堂寺 知成
(181ページ) 放送大学教育振興会

ISBN: 4-595-89135-0

笠松 健一

K. H. Bennemann, J. B. Ketterson [2013/4]

Novel Superfluids(分担執筆) [2013/4]

K. H. Bennemann, J. B. Ketterson, 笠松 健一(分担執筆 3章)

(624ページ) Oxford Univ. Press

ISBN: 978-0199585915

矢野 陽子

日本の結晶学(Ⅱ)- その輝かしい発展- [2014/7]

日本の結晶学(Ⅱ)- その輝かしい発展- [2014/7]

日本結晶学会 編, 矢野 陽子(分筆担当)

(485ページ) 日本結晶学会

ISBN-10: 4990386124, ISBN-13: 978-4990386122

放射光が拓く化学の現在と未来: 物質科学にイノベーションをもたらす光 [2014/2]

放射光が拓く化学の現在と未来: 物質科学にイノベーションをもたらす光 [2014/2]

日本化学会 編, 矢野 陽子(分筆担当)

(161ページ) 化学同人

ISBN-10: 4759813748, ISBN-13: 978-4759813746

X線反射率法入門 (KS物理専門書)(分担執筆) [2009/2]

X線反射率法入門 (KS物理専門書)(分担執筆) [2009/2]

淡路直樹, 上田和浩, 奥田浩司, 表和彦, 川村朋晃, 桜井健次, 武田全康, 竹中久貴, 谷克彦, 林好一, 藤本俊幸, 矢代航, 矢野陽子

(344ページ) 講談社

ISBN: 978-4-06-153268-7

第5版 実験化学講座2 基礎編[II] 物理化学 上(分担執筆) [2003/9]

第5版 実験化学講座2 基礎編[II] 物理化学 上(分担執筆) [2003/9]

石井菊次郎, 加藤隆二, 小谷正博, 小林浩之, 仲山英之, 林久史, 廣瀬千秋, 持田邦夫, 矢野陽子

(320ページ) 丸善

ISBN: 978-4-621-07282-0

笠松 健一, 千川 道幸

X線反射率法入門 (KS物理専門書)(分担執筆) [2009/2]

ファンダメンタル物理学 [2013/3]

笠松 健一, 新居 毅人, 中野 人志, 千川 道幸

(184ページ) 共立出版

ISBN: 978-4320034945

井上 開輝, 笠松 健一, 加藤 幸弘, 千川 道幸

ファンダメンタル物理学 [2009/9]

ファンダメンタル物理学 [2009/9]

新居 毅人, 井上 開輝, 笠松 健一, 加藤 幸弘, 千川 道幸, 中野 人志, 松本 芳幸

(167ページ) 共立出版

ISBN: 978-4-320-03460-0

加藤 幸弘, 近藤 康, 千川 道幸

実験法入門―実験と理論の橋渡し(分担執筆) [2004/12]

実験法入門―実験と理論の橋渡し(分担執筆) [2004/12]

David Carr Baird (原著), 加藤 幸弘 (翻訳), 近藤 康 (翻訳), 千川 道幸 (翻訳)

(217ページ) ピアソンエデュケーション

ISBN-10: 4894714493, ISBN-13: 978-4894714496

増井 孝彦

Enhancement of ferromagnetism by oxygen isotope substitution in strontium ruthenate SrRuO_3

Enhancement of ferromagnetism by oxygen isotope substitution in strontium ruthenate SrRuO_3 [2016/10]

H. Kawanaka, Y. Aiura, T. Hasebe, M. Yokoyama, T. Masui, Y. Nishihara, T. Yanagisawa

(6ページ) Scientific Reports 6, Article number: 35150

ISSN: 2469-9950 DOI: 10.1038/srep35150

Electronic Raman scattering on out-of-plane disordered Bi2Sr2CaCu2O8+δ: How the pseudogap affects the superconducting Raman response

Electronic Raman scattering on out-of-plane disordered Bi2Sr2CaCu2O8+δ: How the pseudogap affects the superconducting Raman response [2015/6]

N. Murai、 T. Masui、 M. Ishikado、 S. Ishida、 H. Eisaki、 S. Uchida、 and S. Tajima

(6ページ) PHYSICAL REVIEW B 91, 214520 (2015)

ISSN: 2469-9950

DOI:http://dx.doi.org/10.1103/PhysRevB.91.214520

ページの先頭へ